このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

計算された照明計画や色使いによって、くつろぎが添えられる低くワイドなシルエットと石張りの壁が、確かな上質感を伝える清々しい仕上がりの和室は、来客用の寝室としても機能通り抜け可能なシューズクローク。容量と利便性に大満足。 家づくりを意識しはじめた頃から、通勤路沿いの家や展示場を気にしていたというGさんご夫妻。「あそこの家、いいよね!」とピタリと意見がそろったのが、『幸和ハウジング』の住まい。洗練された雰囲気に加え、要望を受け止めてくれる姿勢が決め手になった。平屋のプランニングは難しいとされるが、G邸には光と風がたっぷりと導かれ、動線もスムーズだ。リビングは広く、開放的に。共働きなので、家事をしやすく。大容量の本棚がほしい。それらの要望は、同社の豊富な実績と担当の柏木さんの的確なアドバイスにより、見事に叶えられた。高い住宅性能も、信頼のポイント。優れた気密・断熱性能が、吹き抜けのLDKはもちろん、小屋裏にまで心地よさを運ぶ。
ワンフロアの暮らしは家族の一体感を育み、自然を感じる場面を増やす。将来を考えてもメリットは多い。
朝の忙しい時間はカウンター、晩ごはんは奥のダイニングテーブルでゆったりと。間接照明の穏やかな明るさが、夜のひとときをほっとするものに子ども部屋には、外観からは想像もつかない伸びやかな空間が広がる。1階にあるので、お子さまたちが独立したあとも趣味の部屋などに利用しやすい。キッチンから目の届く場所に配されたスタディコーナーは家族を穏やかにつなげ、使い勝手にまで配慮された収納は家事の負担を軽くする。もうすぐ生まれるお子さまとの暮らしも、楽しく、快適なものになりそうだ。
暗くなりがちな廊下も、光と風が行き来する設計。正面にタイル張りのキッチンカウンターが見通せるなど、視覚的な演出も随所に。 壁の3 方向に高さ可変の本棚を用意。収納というより、ご主人がのんびり過ごせる空間になった。
廊下手洗いは、憧れていたモザイクタイルで仕上げてもらった寝室はシックな雰囲気。窓の位置やサイズ、階段下を利用したデスク、携帯置き場に重宝する造作棚など、この空間だけでも多くの工夫が盛り込まれている  収納は「位置や容量はもちろん、使いやすさも大切です」と柏木さん。経験に裏打ちされた提案力が光る。

G家のしあわせ 平屋+家族の一体感+くつろぎ


620.12u(187.58坪)

130.73u(39.54坪)

木造軸組工法(パネル工法)

5ヶ月



施主さんに聞きました

新築したきっかけは?

結婚当初から、「建てるなら早い方がいいよね」と話していました。
今後の増税が気になりはじめたとき、『幸和ハウジング』さんと出会い、具体的にスタートしました。

この会社に決めた理由は?

よく通る道沿いに浜松東店があり、以前から気になっていたんです。
デザイン性、提案力、要望を聞いてくれる姿勢など、総合的に判断してここしかないと思いました。

この会社で建ててよかったことは?

予算の中で要望が少しでも叶うよう努力してくれたことですね。
間取りや素材選びはもちろん、動線や収納の配置にも豊富な経験が感じられ、安心してお任せできました。



スタッフから一言!

ハウジングアドバイザー 柏木 友紀

当初の計画は2階屋でしたが、Gさんご夫婦のご要望から平屋のプランに。
平屋の長所を存分に生かし、ご夫婦のセンスと暮らしやすさが共存する一棟が完成しました。

  お問合せ 資料請求 ページの上部へ戻る

浜松 都市型 3階建て | 浜松市で3階建ての家づくり施工例「しあわせたしざん。」 幸和ハウジング株式会社

Copyright © 2009-2015 Kowa Housing Corporation. All Rights Reserved.