浜松 想像を超えた提案がいっぱい 夢を叶えた家
子世帯のLDKは”カッコイイ人人の空間”インテリアは奥様  。ご主人はホームシアターを楽しむためスピーカーにこだわった。
カッコイイなかにもエレガントな要素を含むリビング。南面の開口から光がたっぷり入り、明るさは十分。壁の一部に石を貼り高級感を演出 お母さまとの同居を機に実家を二世帯住居に建て替えたNさん。住宅街でなおかつ狭小地ということもあり、3階建ての家に実績のある『KOWA』が選ばれた。木造住宅に鉄骨造の強さをもつ重量木骨(SE構法)は、従来の木造ではできなかった大空間や大開口ができ、念願のインナーガレージも実現している。「構造の安心感も決め手のひとつですが、デザイン性の高さや自分たちの好きなテイストで建てられるというところに惹かれました」とご主人。子世帯のメインルームとなる約23畳のLDKはモデルルームそのもの。天井まで高さのある窓や一部天井を下げた部分に間接照明を活かすなど、高級感を演出しつつ、タイルの造作やインテリア選びで個性的なブルックリンスタイルに仕上げている。「収納や設備まわりもほとんどオーダーでつくってもらったのでデザインはもちろん、無駄がないのが気に入っています」。スタイリッシュな住まいにこの夏、新たな家族を迎えるN家に、また、にぎやかな暮らしが始まろうとしている。
テレビステーションは天然石を贅沢に張って高級感を演出。いつでも100インチのスクリーンを収納できるよう天井にスペースと配線を装備してある 色使いや素材でビンテージ感を出したダイニングキッチン。タイルの大きさにもこだわりが見てとれる
和室の障子を開け放しておくと高級旅館のような雰囲気 上がり框を斜めにし、下駄箱の下に間接照明を付けることで玄関を広く見せる工夫を
和室の障子を開け放しておくと高級旅館のような雰囲気 上がり框を斜めにし、下駄箱の下に間接照明を付けることで玄関を広く見せる工夫を
プライバシーを守りつつデザイン性も高いスタイリッシュな外観 敬遠されがちな旗竿敷地だが、お値打ちでしかも子どもが安心して遊べるというメリットもある。 玄関脇の和室。町の青年会で手筒花火を行うご主人。お祝いでいただいたミニチュアを飾る場所も確保
玄関脇の和室。町の青年会で手筒花火を行うご主人。お祝いでいただいたミニチュアを飾る場所も確保


167.10u(50.53坪)
1階 62.77u 2階 60.03u
3階 44.30u

SE構法

5ヶ月


N家のしあわせ 高級感+ブルックリンスタイル+こだわり

施主さんに聞きました

新築したきっかけは?

結婚し、実家近くのマンションに住んでいましたが、当初から親との同居を決めていたので家を建てることも考えており、築30年の実家を建て替えました。

この会社に決めた理由は?

敷地が狭いので二世帯住宅になると必然的に3階建てになり、3階建てに強い会社を探しました。豊橋店のコンセプトハウスを見てひと目で気に入りました。

このページを見ている方へひと言

注文住宅は1つ1つ自分たちで決めていかなくてはならないので、大変さもありますが、こだわりたい人は本当にオーダーメイドの家づくりができて楽しいと思います。


スタッフから一言!

豊橋店 店長 平沼 善浩

二世帯それぞれのライフスタイル、将来の変化に対応できる間取りを考慮。
ご夫妻の好みがしっかりあったので、インテリアはもちろん素材選びにはじっくり時間をかけていただきました。


  お問合せ 資料請求 ページの上部へ戻る

浜松 毎日をドラマチックに暮らすクイーンアンの家の施工例「しあわせたしざん。」 幸和ハウジング株式会社

Copyright © 2009-2015 Kowa Housing Corporation. All Rights Reserved.